昼寝するムクドリの子どもたち

 

林試の森を散策していると、頭上のビワの木からいっせいにムクドリの群れが飛び立ったので、ビワの実でも食べていたのかな?と思いつつ、ついて行ってみました。

 

人通りの少ない草原に移動したので、適度の距離を保って見ていると、羽根を広げて腹這いになったり、顔を上に向けて口を開けて寝そべったりし始めました!

こんなにくつろいだ様子のムクドリを見るのは初めてで、貴重な写真が撮れました!

しかも、よく見ると、今年巣立ったばかりの子どもたちのようです。

 

上:日向ぼっこする子どもたち

下:お昼ねタイム

 

しばらくすると、また群れでビワの木の枝に飛んで行って、ビワの実をついばんでいました。