木の根っこを守る「シャガ植え隊」

ユーカリ花壇を作っています

シャガ植え隊はいつもは花を育てています。

「ユーカリガーデン」という名前です

芝生広場のそば、ターザンロープのとなりです

子ども達が新しい学年をむかえるころ色んな色の花がいっぱい咲きますよ

まだ寒いので葉っぱのお布団かけてあったかくしています

ボランティアさんきれいなお花を育ててくれてありがとう!

 


 

フェスタの人気イベント「シャガ植え隊」は、園内に群生しているシャガという植物を、木の根元に移植し、木の根元を踏み固められてしまわないように守る活動です。

 以前、園内にあったイイギリの木が、根元を踏み固められたために根っこが弱り、倒れてしまったことがあったため、ふっくら柔らかい土を保ち、木が元気に育つようにと始められました。

植えるシャガは、フェスタの前日に園内の他の場所から間引きして用意され、公園職員の方々の監督のもと植えていただいています。

ユーカリガーデンの花壇作りをしているボランティアのみなさんにも毎回手伝っていただいています♪